(public)
/docs/Busi  /docs  
2004年に読んだもの

書籍
スミス
道徳 から 中立的な観察者 が導かれる。
人に道徳はない、人と人との関係に道徳がある。
人と人との関係のなかから見えざる手がでてくる。
労働こそがもっともたしかな"もの"。市場は労働の上に
成り立つものである。市場を優先してはいけない。

ケインズ
有効需要 = 家計の消費支出 + 企業の投資 + 政府の支出
期待、合理的には説明できないアニマルスピリットが企業の
先行投資を、つまりは国の経済を決める核心にくることになる。
車輪を回転させるものはわれわれの生まれながらの活動への衝動
なのである。

ウィリアム・スタンレー・ジェボォンズによるエコノミックスの定義
最小の努力をもって我々の欲望を最大限に満たす(略)効用と利己心の力学
望ましいものの最大量を望ましくないものの最小量をもって取得すること
言い換えれば快楽を極大化することが経済学の問題である。

人の生をたしかなものの上に築きたい
労働に意義や賞賛が見出せない時代、
貨幣、雇用を得ることでしか生を安定させることが出来ないのか?

Happiness = Food * Friends * Fun(楽しみ)
金儲け <=> 自分は本当に何に関心があるのか?
どんな風に人に認められたいか?
情熱、目標に向かう力

自由を楽しむ。子孫に自由の恵がありますように願う。
豊かさはその副産物でしかない。

なぜITは社会を変えないのか?
ベルは、電話という"もの"の本質的な意味と価値を理解し
適切な環境を示しユーザー同士に助け合いをおこさせることが
できた。
在宅労働者は開拓者ではなくダイバーである。
潜れば潜るほど海面と結びつきが強くなる。
「何かについて学習すること」と「何かになるように学習すること」は違う。
何かになる、という目的により、何に関心を向けるのか、そして何を学習
するのかの判断が常に左右される。

チェンジ・リーダーの条件
・マネジメントとは情報を知識に転換し知識を行動に具体化すること
リーダーとは知識を行動に具体化することに責任を持つもの
・組織の機能
人が共同で成果をあげることを可能とし、人の強みを発揮させ、弱味を
無意味なものにする。
・ヒポクラテスの誓い「知りながら害をなすな」
・未来に何かを起こすには勇気を必要とする。努力を必要とする。
信念を必要とする。ビジョンに対する全人的な献身を必要とする。
・スティーブ・ジョブス
普通の人に「心のための自転車」が与えられれば、人々の考え方は
良い方に変わり、社会も変わっていくだろう。

明日を支配するもの 21世紀のマネジメント革命
・高齢化より少子化が深刻。
・人は同時にいくつかの組織構造の中で(違う地位で)働くことが必要である。
・変化はコントロール出来ない。出来るのはその先頭に立つことだけである。
・人に出来ないことはない。
ただし、学び方、仕事の仕方にはその人にあったものがあり、それ以外の
仕方では出来ないことが多い。自分の学び方、仕事の仕方を知ること。
無理な仕方で行おうとしないこと。
・計画を立て、その実現度を後で分析する。
何かを実行した原動力こそ自分の強みである。強みを知ろう。

知識資本主義 KNOWLEDGE CAPITALISM
・企業設立の理由には
・取引費用の経済学(TCE = Transration Cost Economics)
ロナルド・コース
・エージェンシー理論
などがある。
・逆選択、モラルハザード、資源ベース理論
・自営業者の定義
「自分で事業を営み、生産手段を所有するかコントロールする個人」


(C)2004-2017 skunk nakamae (SKISS Document Tool Version 0.022)