夢のような出来事1998年12月30日
TOP/Genzo/1998/「源蔵の成長」

            夕飯が終わってしばらくたってからの
            事...。源蔵が毎日の日課のように
            「源太。2階行こう。」と声を発した。
            ん?何言ってんだコイツ。2階に行く?
            二人で?
            ちょっと心配になって「2階は寒い
            ぞ。」と言うと、脇の下に抱えているも
            のをこちらに良く見せるしぐさをした。
            なんと脇には源蔵の分だけでなく源太郎
            の分の”はんてん”も抱えてあった。な
            んてお兄ちゃんになったんだーーーと目
            茶苦茶感激した。
            源太郎は黙って兄ちゃんの後について2
            階に上がっていった。 
            ちょっとの間呆然としていたが「源蔵と
            源太郎が2階で二人だけで遊ぶ」という
            事は、もしかして「食後のコーヒーをゆ
            っくり飲めるのでは?」という事に気が
            ついた。まさかな〜と思いつつコーヒー
            を入れて飲んだ。飲み終わってもまだ二
            人は降りてこない。結局そのあと、久し
            ぶりにTVまで見た。

            なんなんととうちゃんの夢のような出来
            事は何のまえぶれもなくおとずれた。 
            「源蔵の成長」からもらった夢のような
            出来事だった。 


中前家の過去ページ 動的ページから静的ページに変換するツール 2008/7 Ver1.00 で作成した。 スカンク中前